キャッシングの申し込み方はどうすればいいの

キャッシングの申し込み方は、そう難しいものではありません。まず必要書類を揃えなければなりませんが、必要なのは本人確認と収入証明の書類だけです。本人確認は運転免許証、保険証、パスポートのどれかにしましょう。収入証明は、勤めている人は給与明細、自営の人は確定申告書の控えがお勧めです。申し込みは会社の窓口かネット、あるいはATMや電話、郵送などがありますが、今は窓口またはネットからが主流になっています。

窓口で申し込む場合は、用紙に所定事項を記入して、そのうえで本人確認及び収入証明の書類と一緒に提出します。ネットからの申し込みは、キャッシング会社の公式サイトにある、申し込み用のフォームに必要事項を入力して送信します。書類はFAXを使うか、または画像化してアプリを使って送るようにします。特にネットの場合は、勤務先名や電話番号、メールアドレスなどに間違いがないか、必ずチェックするようにします。もし間違いがあると、審査に響くこともあります。

その後審査が行われますが、これには数時間かかることもあります。審査時間を短くしてほしい時は、即日融資のキャッシングに申し込むといいでしょう。これは審査時間が短いので、申し込んでから1時間もすれば借りられることがあります。ただしそのぶん、金利は高めになります。またネットでの入力の場合は、口座にお金を振り込んでもらえるのがメリットです。

関連記事

  • クレジットカードのキャッシング枠は便利 (← この記事)
  • 返済計画に沿ったキャッシングのススメ (← この記事)
  • インターネット申し込みの時に注意したいこと。 (← この記事)
  • キャッシングを利用する時は、返済の目途を立てておく (← この記事)
  • キャッシングの申し込み方はどうすればいいの (← この記事)
  • 私の妊娠、出産準備金のキャッシング

このページの先頭へ